オプションでよりオリジナリティのある冊子に

できるだけオリジナルな広報誌を作って、他機関との区別化を図りたい。
けれど安価に作成することは難しい…。
そんなお客さまに配慮した、たいへんお求めやすい価格です。
部数が増えれば、単価が下がるので割安ですが、最少部数でもカスタマイズの程度に応じて最大の効果が図れるよう、さまざまなご利用法を設定しています。
もちろん、月ごとに部数の増減が可能です(購入中止・部数の変更などは、発行前月の中旬までにご連絡ください)。


オプション1 オリジナル冊子名に変更
オリジナル誌として、広報誌の名称にはこだわりたい。そんなご要望にお応えします。もっともご利用率が高く、ご評判をいただいているオプションです。

オプション2 記事を一部オリジナル記事に差替
最終ページの一部に、ご希望の記事が掲載できます。月々のお知らせや担当表など手軽にオリジナル記事をご活用いただけます。

オプション3 全面オリジナルページ作成
講演会やイベントの告知など、オリジナルのデザイン・記事で作成いたします。内容に応じてお見積もりさせていただきます。

その他のオプション
ロゴマークなどのカラー印刷につきましては、原則的に上記表の価格に4,000円(税抜)をプラスした金額となります。その他オプション料金についてはこちらからご確認ください。

正確で役に立つ情報の提供

“患者様に喜ばれます”
《うちのくすり箱》の医療記事は、広範囲な分野の疾患・病態を毎月とりあげ、現役医療従事者の慣習・執筆を受けて、正確さを期しています。タイムリーな健康情報のトピックスや、介護、薬剤に関する基礎的な知識の説明などを一般の患者様にも分かりやすいように心がけて編集しています。予防医学を中心とし、健康診断や予防接種など、早め早めの医療機関への受診を促します。A4版の誌面は全ページフルカラー。文字は約3.5mmと大きめで読みやすく、イラスト・写真をふんだんに使ってわかりやすく解説しています。

記事広告とは一線を画す中立性

“安心してお渡し頂けます”
製薬会社などによる既成の冊子を置いていたが、商品広告ばかりだったり、宣伝目的の健康情報が載っていたという経験はございませんか?「うちのくすり箱」の編集は、企業広告に一切頼っていないため偏向のない情報が提供でき、商品宣伝には惑わされず、安心してご家庭で保存していただけます。

近隣同業機関に差がつくオリジナリティ

“ほかでは手に入りません”
同じものが他の医院でも手に入る冊子では、せっかくの広報誌としての魅力は半減してしまいます。
「うちのくすり箱」は、近隣の医療機関・同業事業者では手に入らない【地域限定性】をご指定いただけます。
近隣の他機関との重複に不都合を感じられる場合は、お申し込みの際にお知らせください。先着お申し込み優先で、ご希望に応じさせていただきます。

手間を最小限に地域にアピール

“名前を入れてすぐお手元に!”
本誌の表紙面に貴医院名はもちろん、ご希望の内容をレイアウトし、印刷します。
デザインや書体も作成時に柔軟に対応可能なうえ、名入れ部分の作成、印刷につきましてはすべて無料です。
皆様が発行している広報誌としてお配りいただけ、オプションのオリジナル記事を活用することで、予防接種や検診のご案内を確実に患者様にお知らせできます。

低コストで喜ばれるサービス性

“費用も時間も最小限!”
原稿執筆、印刷・製本…独自の広報誌を作ろうと思っても、時間と費用を考えるとなかなか実現できません。そんな問題を「うちのくすり箱」が解決します。編集から印刷、発送まで一括製作することにより、低コストで発行することが可能になりました。お忙しい医院様のご負担にならないよう、低コストと利便性の良さにこだわりました。

広報誌を発行することにより、「患者さまへのサービス」という面で、地域におけるお客さまの信頼感が高まることはもちろんですが、それにとどまらずさらに大きな視点からも、健康情報の提供・発信が欠かせない時代です。
医療機関・薬局などで、以前より謳われている「インフォームドコンセント」。
また、少子高齢社会の重点課題である「予防医学」に即した保健指導。
これらを踏まえた上でかかせないのが、各機関での情報提供です。
しかもそこに、お客さま独自のお知らせを掲載することができる広報誌が誕生しました。

広範囲な分野の疾患・病態のわかりやすい解説、タイムリーな健康情報のトピックスなどを掲載します。また介護保険や実践介護の技法、薬剤に関する基礎的な知識の説明、そして身近な暮らしの実用記事まで、役立つ情報を満載しています。
最新でかつ偏向のない情報が提供できるのは、「メディクプレス社」が企業広告に一切頼らないため。商品宣伝記事が一切載っていない、安心して各ご家庭に保存していただける広報誌です。